blog index

京都山科 弘陽珈煎 店員のBlog

珈琲や日常の出来事など徒然に
浴衣

ムシムシと暑い梅雨。。。かと思ったら

もう今日は朝からセミが一気にワシャワシャと鳴いて

梅雨明けもしたそうな晴れ

京都の夏はちょうど祇園祭の巡行の頃にやってくるらしいけど

異常気象だって言うても、不思議とちゃ〜んと四季は進んでいるのよね。

 

そして、祇園祭だから浴衣をきてみました〜!

っていう方もいらっしゃって、そんな季節を楽しむ心の余裕ちゅん

見習いたいです拍手

 

image2.JPG

ステキな着こなしで、お昼休みにコーヒーを飲みに

店に立ち寄ってくださるお客様コーヒー

 

(ちなみに隠し撮りではありませんちゅんポージング中ですカメラ

 

image1.JPG

お写真撮ってもいいですか?とお尋ねすると

「逆光じゃありませんか?こちらからもどうぞ」

とか、お客様に気を使っていただいて!!

き浴衣DEコーヒータイムき

な、お姿、頂きました!!

 

う〜〜ん、こんな風にさらりとスマートに着こなせる

なんて!!

かっこいいですぅゆう★

 

浴衣でお仕事なんてザ☆京都や〜ん!!

と思いつつ、まだこのコーヒー屋では現実化したことありません・・・

 

ですが!!

 

先日のhandmade marketでのミニフリマ

では

「浴衣着用の方はカフェNOAHさんのカルピスプレゼント!」

の、誘いについ。。。。

汗 じゃなくて、夏の雰囲気を盛り上げるべく

NOAHママちゃんに着せていただいて参加してきました!!

image3.JPG

う〜ん、浴衣いつぶりでしょうか。

 

鏡に映る大きな背中、ぶりりんなおいど汗

先程のスマートなお客さまと違いすぎるちゅん

とは、自分でよぉよぉ、わかっておりますが

やっぱりちょっといいよねぇ〜わーい

 

このままお店番に戻りたかったけど

早くも汗だくだくで、しかも、チャリは無理でしょぉ?プッ

 

さぁ、暑い夏が始まったよぉ〜ため息

 

 

 

 

 

 

 

 

| マーヤ | ザ☆京都 | 16:07 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
毘沙門堂。

さむ〜くなって、今朝は一番の冷え込みだったとか。。。
そんな、風のビュービュー吹く中、昨日のお店が終わってから
山科駅のまだ北、毘沙門堂のライトアップへ出掛けました。

こんな近いのに、毘沙門堂へいくのは初めて。
先日ニュースで敷きモミジの石段が映っていて
とても綺麗だったので、しっかり着込んで、おチビ子と三人で出掛けました。

JR山科駅から歩いて移動するのは初めてで、ましてや
電車のすぐ下を通り抜ける細いトンネル通路を抜けると、駅前とは大違いの
灯りも少ない静かな住宅街。
おチビからすると、一体この先のどこにライトアップなんかが
されてるのぉ〜?・・・って感じで、
「なんか怖ない? 帰りたくなってきた・・・」なんて言い出すし。
15分ほど歩いて、ようやく灯りが見えてきたときには
ちょっとホッとしました。

まぁ、さすがにテレビはテレビだわね
実際目で見るより、3割増しくらいに美しく見えてたけど
それでも、真っ暗な中に照らされるモミジたちは、
いつまでも眺めていたいくらい綺麗でした。


毎度のことながら、わたくしの腕が美しさを伝えきれないのが
残念でならないわけですが
足元の小さな灯篭に照らされるモミジの綺麗さに
おチビのご機嫌もいつしか上がり、
お参りをし、毘沙門堂の説明をお聞きし、宸殿の拝観へと進みました。
おチビのテンションがMAXを迎えたのは
動く襖絵や龍の天井を観たときでした
角度によって大きさや向きが変わって見えるたくさんの襖絵や屏風
の説明を聞くと、何度も並んで眺めてました。
足先のつめた~くなるのも忘れて・・・
そして、庭園のしーずかなライトアップに辿りついた時には
体は相当冷え切ってました

それでもご本尊は、伝教大師が彫られた
誰も見たことがない7僂糧詈だとか、
紅葉はもちろん、とても立派な枝垂れ桜の木を見たりだとか、
お参りをしても、お願い事をきいて下さるのは
嘘をつかず、まじめに暮らしている人だけだ。。。
なんて言う話を聞いたりだとかして
紅葉も、お寺も、大満喫して帰り道へと向かいました。

また、てくてく歩きトンネルをくぐり、一気に明るい現実の世界に戻ってきて。。。
そして、そのまま3人の足は駅前のミスドへと!!
実はおチビ子の一番テンションの上がった時でした

そして。あたたかいコーヒーと食べるドーナツは
さらに秋を満喫させてくれましたとさ。
えぇ、食欲の秋も全開です


| マーヤ | ザ☆京都 | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
下鴨神社。

 とっても気持のよい秋晴れの土曜日
世界遺産でもある下鴨神社へ行ってきました。
幼き頃は、歩いていけるようなところに住んでいたので
初詣や、みたらし祭やと何かと行く機会もありましたが
山科に来てからは、いろんな意味でそこへ向かう
余裕がないと申しましょうか
とっても久しぶりでした。

と、いうのも、草月流の華展が、下鴨神社の境内であり
ステキなセンスの持ち主、
こてんぐちゃんがご案内くださったので、行ってきました。
image00.jpg


赤と白のコントラストの美しさはもちろんですが
下の赤はよく見るとバラやケイトウ?の花で
情熱的な感じさえしましたわ
(美しさが伝えきれなくてすみません

お花にもおしゃれにも笑いにも!?センス輝く
こてんぐちゃんと違い、noセンスなわたくしは
わー!すごーい!きれー!すてきー!。。。と
そんな感じですが、鳥居から奥のみたらし川の方まで
たくさん並ぶ生け花を楽しませていただきました

同じく、花より団子的なおチビは
こてんぐちゃんの作品を見るより長く
川へ降り、こんな感じで過ごしておりました。
image00.jpg
 
糺の森独り占めとか。

image00.jpg

あぁ、美しき世界遺産
素晴らしき時間でした。

| マーヤ | ザ☆京都 | 13:06 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
福?
年末からいつになくバタバタと始まった新年だったけど、
今年は、成人の日の10日に、商売繁盛を願い家族そろって 
十日えびすに出かけました1016.gif
祇園に向かって出ることなんて、80’sのライブの時ぐらいだから
ほとんどが暗い中を急ぎ足で歩いてる状態・・・
だから、この橋もいつもは本気でビビるおチビだけど
   SBCA0657.jpg
こぉんな感じで?楽しく行き来していました
これは帰りなんで、すでにポケモンの袋に入った綿あめを
握りしめ足取りも軽やかです
八坂神社近くまで行くと、成人の日とあって、
着なれないスーツ姿のお兄さんたちや、
着飾った晴れ着のお姉さん方もたくさんおられました
そんな中、片手に笹をかついで自転車を飛ばすおじさんも
何人かおられましたが・・・
舞妓さんとすれ違ったり、いかにも京都らしいこぉんな
   SBCA0655.jpg
路地も結構テンション上がり気味で、雰囲気を味わってきました1016.gif

かんじんのえびす神社に近づくと、参拝までの人、行列、風雪・・・
めげそうになりながらも、お札をGETいたしました。
(笹じゃぁないのかって?enpitu5.gifくくく。)

その福をた〜くさん今年はあやかろうと思っておりましたところ
おチビのほっぺにおたふくさんがやってきました

わはは1129.gif それも、超軽いおたふく風邪(の疑い)という
ビミョーな診断でしたとさ。

あは 福さんもっといらしてねdeco1233728593676609000001.gif 商売繁盛祈願なり



| マーヤ | ザ☆京都 | 15:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
寺町御門!
今日は京都の三大祭りである「時代祭」 
京都御所から、平安神宮までの道のりを、平安時代から明治維新までの
装束をまとった2000人もの人々が行列されます。

御所と言えば、実家からすぐ近く・・・
しかし、京都に生まれ育って ウン十年きちんと見たのは一度きり

時代をさかのぼっていくこの行列では、今をときめく龍馬さんや、西郷さん、
晋作さんが先頭軍団で歩かれる・・・

京都御所の健礼門から正午に出発し、丸太町通りの堺町御門から御苑を
出て、平安神宮へ向かわれます。
それはそれは美しい衣装だそうです
    (あ〜、この歳になると、ちょっと見てみたい

御苑内の木々や砂利、白壁なんかが、さらに気分を盛り上げてくれますが
門もかなり立派で、あの仰々しい感じもまたいいのよね〜
そばでは車がビュービュー通っているのに、あの佇まい・・・

しかも御門よ、ご・も・ん
今出川なんてなじみのある通りでも、今出川御門と言えば、ちょっぴりステキ
蛤御門なんてただの目印や待ち合わせの場所じゃなくってよ

まぁ、メイン通りの門は立派だけど、先日寺町通りを何気な~く歩いていると
寺町御門がひっそりと、これまたしっくりとくるのよねぇ。
烏丸通りから蛤御門をくぐって見える景色はすばらしいんだけど、
この秋の空とこのこじんまり加減ok2.gif
         SBCA0513.jpg
           これもまたよし。  ざ☆京都なり〜!
| マーヤ | ザ☆京都 | 11:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

bolg index このページの先頭へ